複合曲線作図法とは?

上野クリニックだけで独自で行われている包茎手術の方法に、複合曲線作図法というものがあります。複合曲線作図法というと難しそうな印象を受けますが、どの患者さんも単純に包皮を上から何センチかの長さ部分をぐるりと切り取るという単純な手術ではなく、個人の亀頭の形にあわせて、手術痕が隠れてしまうように亀頭のカリの部分の下の曲線にあわせてカットし、裏筋を残すという包茎手術の方法になります。

 

包茎手術を受けることのデメリットとして、よく手術痕が目立ってしまう、裏筋まで切り取ってしまったので性感が少なくなってしまう場合などがありますよね。しかし、この複合曲線作図法であれば裏筋を残して、尚且つ手術痕が目立たないように個人のペニスの形に併せて包皮を切除してくれるので、より自然に、包茎手術をした事がバレにくい仕上がりが期待できるようです。

 

この複合曲線作図法での包茎手術は、上野クリニックだけで行われているので、他のクリニックで受けることが難しいという事と、患者さん一人一人のペニスの形にあわせてオーダーメイドで包皮をカットするので、手術が1時間程度かかるという事があります。

 

より自然な仕上がりを求めている方や、性感が落ちて射精まで時間がかかってしまうようになる事が不安な方は、裏筋を残すことができるこの方法は検討してみる価値はあるかもしれませんね。上野クリニックは全国に支店があるので、お近くのクリニックにまずは無料相談で話を聞いてみるというのもオススメです。

複合曲線作図法とは?関連ページ

ナチュラルピーリング法とは?
包茎手術といえば、亀頭が見えるように包皮をカットするというイメージが強いですが、最近では切らない包茎手術も人気を集めているようです。
根本部固定法とは?
包茎手術の一種である根元部固定法とは、包皮をカットしないタイプの包茎手術であり、陰茎の根本部分にギャザーを寄せる形で包皮を集めて接着剤で固定してしまうという方法です。

このページの先頭へ戻る