先天性包茎とは?治療方法は?

幼児

包茎にも色々種類があります。ありますが、包茎とは大雑把に言うと二種類に分けられます。先天性包茎か、後天性包茎かです。大体言葉で察しがつくかもしれませんが、先天性包茎とはどのようなものか、簡単に説明させて頂きます。

 

実は人間は、生まれたままの状態では100%真性包茎なのです。つまり、先天性包茎とは一体何か、と尋ねられたら、生まれた時は皆そうだった、と答えることが可能です。しかし成長するに従って、包茎のままの人、包茎ではない人と分かれていきます。小学生になると、大体真性包茎のままの人の割合は3割ぐらいになっているとされています。

 

当然、この後も基本的には成長するに従い真性包茎の割合は少なくなっていくとされていますが、中にはこの真性包茎のままの人もいます。大人の先天性包茎とは、生まれた時の真性包茎が治っていない状態のことを指すと言えるでしょう。この先天性包茎は真性包茎ですので、泌尿器科であれば保険による治療が可能となります。ただ、それでも技術が高いと評判の専門クリニックで治療する男性は多いです。

先天性包茎とは?治療方法は?関連ページ

ナチュラルピーリング法とは?
包茎手術といえば、亀頭が見えるように包皮をカットするというイメージが強いですが、最近では切らない包茎手術も人気を集めているようです。
根本部固定法とは?
包茎手術の一種である根元部固定法とは、包皮をカットしないタイプの包茎手術であり、陰茎の根本部分にギャザーを寄せる形で包皮を集めて接着剤で固定してしまうという方法です。

このページの先頭へ戻る