数が少ない後天性包茎とはどのような包茎になるのか?

後天性包茎とはどのような包茎なのでしょうか。後天性、と名前がつく通り、生まれつきではない、というところまでは察しがつくでしょうが、では後天性包茎とは一体何が原因でなってしまうのでしょう。

 

これは生活習慣による原因が大きいとされています。陰茎についての習慣ですので、自慰行為ですね。この自慰行為の方法によっては、皮の方が伸びてしまうことがあるのです。

 

その為、真性包茎ではなく、仮性包茎程度だったのが、皮が伸びてしまって真性包茎となってしまう、これが後天性包茎になりやすいパターンとなります。他にも仮性包茎の場合に、無理に剥こうとしてしまうと、炎症を起こしてしまうことがあるのです。

 

この炎症が原因で、結果的に真性包茎になってしまうという事例があるようです。包茎の原因としては、皮の長さが考えられますので、後天性が起こりうるとすれば、皮が長くなるような行いをしていないか、そこがポイントではないでしょうか。後天性包茎とは気をつければならないで済むものと言えるでしょう。

数が少ない後天性包茎とはどのような包茎になるのか?関連ページ

ナチュラルピーリング法とは?
包茎手術といえば、亀頭が見えるように包皮をカットするというイメージが強いですが、最近では切らない包茎手術も人気を集めているようです。
根本部固定法とは?
包茎手術の一種である根元部固定法とは、包皮をカットしないタイプの包茎手術であり、陰茎の根本部分にギャザーを寄せる形で包皮を集めて接着剤で固定してしまうという方法です。

このページの先頭へ戻る