包茎手術は訴訟も多い

包茎手術は、多くの場合受けなくても良いとされています。そのため保険を適用することができず高額な治療費を請求されることも珍しくはありません。さらに、包茎手術を行うことはあまり知られたくないものです。そのためか、悪徳商法を行う美容クリニックは多くあります。

 

仮に何かあったとしても、誰にも知られたくないので訴えることができずに泣き寝入りする方も多くいらっしゃるのが現実です。美容クリニック側も、そのことを分かっているので、不安を煽って高額のローンを組ませる、オプションを勧めるといったことが多くあります。

 

そのため、国民生活センターが注意を促すという事態にもなっており、悪徳業者には特に注意が必要です。泣き寝入りする方が多めではありますが、一方で美容クリニックを訴える方もいらっしゃいます。

 

しかし、訴訟を行っても残念ながら出したお金が戻ってくる可能性はあまりありません。もちろん、一部は返ってくるかもしれませんが、裁判にも費用がかかりますし、裁判を続ける中の苦痛もあるでしょう。前述の通り基本的には包茎手術はあまり知られたくないことです。

 

それをオープンにして活動を続けるのは非常に大変であり、精神的な負担は相当にきついと思われます。現在のところ、包茎手術の分野で訴訟を起こして、原告側が完璧な形で勝ったという事例はほとんどありません。

 

残念ながら、訴訟を起こしたとしても報われるとは限らず、訴訟のようなトラブルに巻き込まれないことが最も重要です。その為にも、実績の豊富なクリニックを選ぶ事が肝要となります。


このページの先頭へ戻る