韓国は包茎手術を積極的に行っている

包茎手術と韓国の間に関連があるのか、よく分からないという方も多いかと思われます。現在もそうかは分かりませんが、韓国は包茎手術が当たり前のように行われている国でした。手術をしない男性の方が珍しいという状態だったようです。

 

何故包茎を避けるようになったのか明確な理由は分かりませんが、朝鮮戦争の頃にアメリカ軍から伝わったからというのが理由の一つと考えられています。それからどのように定着していったのかは不明な点が多いものの、2000年頃のデータによれば韓国では75%もの男性が包茎手術を行っていたそうです。

 

そのため、包茎であるということは恥ずかしいことであるという意識もあったようで、日本とは比べ物にならないぐらい馬鹿にされることもありました。包茎でない姿が正しいものであるという見方がどうやら強いらしく、ユダヤ人と並んで包茎手術を積極的に行っていると言っても過言ではありません。日本の女性も、包茎の方を馬鹿にするということはあるようです。

 

一方で、韓国では女性がもっと苛烈であり、包茎手術を受けていない男性は駄目であるという風潮があるので、このことも手術率が高い一因ではないでしょうか。では、このような包茎が駄目であるという意見が正しいかについてですが、現在のところ明確な答えは出ていません。しかし多くの国では仮性包茎を放置しているので、そこまで包茎を嫌う必要はないでしょう。ですが、既に根付いた文化が簡単に変わるとは考えにくいです。


このページの先頭へ戻る