包茎手術でも使われる溶ける糸

近年、手術では溶ける糸を使うことが多くなっています。抜糸の必要がなく、放っておけば体内で溶けてしまうという糸は、手術には打ってつけの存在です。では包茎手術でも溶ける糸が一般的になっているのか、気になる方もいらっしゃるかと思われます。もちろん、包茎手術で溶ける糸を使うというケースはありますが、オーソドックスな存在にはなっていません。

 

確かにクリニックによっては希望すればそのような糸を使って手術を行うことが可能です。しかし、従来の糸を使うことも多くあります。包茎手術に使う糸としてスタンダードになっていないことには理由があり、デメリットが多くあるのです。まず、最大のデメリットは仕上がりに影響が出るという点ではないでしょうか。

 

包茎手術で、仕上がりを気にする方は多いかと思われます。そんな中で、上手く仕上がらないかもしれないという説明を聞けば、使われないのも納得して頂けるのではないでしょうか。何故上手く仕上がらないのか、それは溶けないからです。前述の通り、溶ける糸は手術で使うことが増えていますが、皮膚に使うことはほとんどありません。

 

何故なら、内蔵や筋肉といった部位で良く溶けるものだからです。皮膚の縫合に使えないわけではありませんが、体外に出ている部分は基本的に溶けません。そのため、陰茎の表面に糸が残ることがあり、仕上がりに影響が出るのです。抜糸の痛みを感じる必要がないというメリットはありますが、デメリットがそれ以上にあります。

包茎手術でも使われる溶ける糸関連ページ

包茎手術の術後の腫れ〜問題のある腫れとは〜
包茎手術の術後の悩みに、腫れが引かないという声が多くあります。
包茎手術の痛みと麻酔について
包茎手術をする場合、どうしても気になるのがどのくらい痛みを感じるのかということですよね?自分の性器にメスを入れるということを想像するだけで、恐怖にかられる男性は多いと思います。

このページの先頭へ戻る