亀頭直下埋没法という包茎手術は実際にどうやるの?

術後の男性器

亀頭直下埋没法は、包茎手術のなかでも一番一般的なものと言われています。具体的な方法は、亀頭に被っている皮を剥いた状態にして、亀頭のすぐ下の部分に縫い付けてしまうというものです。

 

亀頭直下埋没法は、数ある包茎手術の中でも手術の跡がわかりにくいことで知られています。包皮を縫い合わせる場所が、亀頭のすぐ下なのでカリの陰になってわかりにくいのです。

 

ペニスが勃起した状態で亀頭を露出して、余分な皮を縫い付けるのは包茎手術の一種である環状切除術と同じ方法なのですが、環状切除術がペニスの付け根から亀頭の間あたりの皮を切るのに比べ、亀頭直下埋没法は縫い目が目立たないので、ペニスの色が2色になってしまう、いわゆる“ツートンカラー”のような状態にはなりにくいと言われています。

 

メリットの方が多いように思えますが、熟練した医師に手術をしてもらわないと、縫合が雑で出血が多くなったり、包皮が十分切除できずに包茎手術をした意味がなくったりすることもありるようです。

亀頭直下埋没法という包茎手術は実際にどうやるの?関連ページ

包茎手術の術後の腫れ〜問題のある腫れとは〜
包茎手術の術後の悩みに、腫れが引かないという声が多くあります。
包茎手術の痛みと麻酔について
包茎手術をする場合、どうしても気になるのがどのくらい痛みを感じるのかということですよね?自分の性器にメスを入れるということを想像するだけで、恐怖にかられる男性は多いと思います。

このページの先頭へ戻る