カントン包茎は背面切開術を行われる可能性が高い包茎

泌尿器科の医師と看護婦

背面切開術は、厳密には包茎を治すための手術ではありません。しかし現在でも、数は少ないながらも行われている術式となります。これは重度の真性包茎やカントン包茎に効果があるとされているからです。背面切開術は、文字通り、陰茎の裏側を縦に切り開いて処置を行います。

 

包茎手術で一般的な環状切除術との違いは、包皮を切り取るわけではないという点にあるでしょう。一般的には皮が余ってしまっているので、それを切り取ることで調整するのが包茎手術です。しかし背面切開術は、包皮自体は切りますが、後で縫いますので長さは変わりません。

 

何故この背面切開術が真性包茎やカントン包茎に効果的であるとされているのか、それは重度の状態から、軽度の状態、つまり仮性包茎の状態まで改善することができるからとなります。この背面切開術を行う場合は、真性包茎、カントン包茎等の重度の場合が多いからか保険が効くようですので、心当たりのある方は泌尿器科などで背面切開術を受けられるか調べてみてはいかがでしょう。

カントン包茎は背面切開術を行われる可能性が高い包茎関連ページ

包茎手術の術後の腫れ〜問題のある腫れとは〜
包茎手術の術後の悩みに、腫れが引かないという声が多くあります。
包茎手術の痛みと麻酔について
包茎手術をする場合、どうしても気になるのがどのくらい痛みを感じるのかということですよね?自分の性器にメスを入れるということを想像するだけで、恐怖にかられる男性は多いと思います。

このページの先頭へ戻る