包茎のままだと尿路感染症のリスクが高くなってしまう?

包茎で悩む男性

尿路感染症という病気はご存知でしょうか?体の仕組みとして、大雑把でも食べたものや飲んだものの残りが、尿として排出されることはご存知でしょう。

 

腎臓から腎盂と正確に書くと色々な箇所を通るのですが、要は腎臓で作られた尿は普通ならばそのまま排出されるという点だけ抑えて頂ければ問題ないでしょう。この尿路感染症は、その通常の排出とは真逆の動きを行います。

 

尿路から逆に体の方にウイルスが進行していく病気のことを尿路感染症と呼ぶのです。尿路感染症という病名があるのではなく、病気の種類の一つですね。この尿路感染症は男性の場合、包茎だと罹りやすいとされています。

 

これは包茎の場合、汚れが溜まりやすく、結果的に菌を呼び込んでしまうということのようです。包茎自体がウイルスをもたらすわけではありませんが、特に包茎の方はなるべく清潔にして頂くのが良いでしょう。逆に包茎ではなくても、不潔ならば罹る可能性はありますので気を抜かないようにして下さい。

包茎のままだと尿路感染症のリスクが高くなってしまう?関連ページ

誰にでもフォアダイスのように性病でない出来物はできる
男性のシンボル的存在であるペニスには、何らかの出来物ができることがあります。
性器ヘルペスの治療に包茎手術は効果があるのか?
性器ヘルペスは単純ヘルペスウィルスによって起こる感染症で、性器に発症するため性器ヘルペスと呼ばれています。

このページの先頭へ戻る