ケジラミとはどのようなもので包茎の場合感染しやすいのか

ケジラミという性感染症は非常に有名だと思いますので、一度は聞いたことあるとが思います。ケジラミとはその名の通りヒトシラミ化に分類されており、大きさが約1mmと非常に小さい昆虫が陰毛あたりの皮膚に寄生することによって引き起こされる性感染症です。主な感染経路は、性交渉によるものですが、ごくまれに皮膚がふれただけで感染する場合があります。症状としては、寄生虫が血を吸うのでとても激しい痒みが襲い、それに伴い発疹や化膿が発生する可能性があります。

 

潜伏期間、治療期間共に約1〜2週間ぐらいです。治療方法としては、陰毛を全て剃り、殺虫剤などをかけ続けることなどが挙げられます。実際に陰毛に付着したケジラミを肉眼で確認する事も出来るみたいです。これは知り合いに聞いた話なので信憑性は怪しいのですが…。ケジラミを自ら発症してしまう一番の原因は、自分の不潔さだと言われています。ホームレスの人などにケジラミ保持者は多いようです。あとは野良犬や野良猫などですね。また、特に包茎の方は恥垢などがたまりやすく包茎でない方と比べて不衛生になってしまいますので注意が必要です。このような性感染症を未然に防ぐために、包茎手術を受けておくというのも一つの手段かもしれません。

ケジラミとはどのようなもので包茎の場合感染しやすいのか関連ページ

誰にでもフォアダイスのように性病でない出来物はできる
男性のシンボル的存在であるペニスには、何らかの出来物ができることがあります。
性器ヘルペスの治療に包茎手術は効果があるのか?
性器ヘルペスは単純ヘルペスウィルスによって起こる感染症で、性器に発症するため性器ヘルペスと呼ばれています。

このページの先頭へ戻る