包茎手術後の勃起

包茎手術を行った場合、勃起させて良いのか気になる方もいらっしゃるのではないでしょうか。手術で傷がついている陰茎に血の巡りが変わる勃起が起こった場合、痛そうというイメージを持ってしまうことも珍しくはありません。結論から書くと、男性の生理現象なので勃起してしまうのは仕方がないことです。仮に禁止されていたとしても、100%防ぐ方法はありません。

 

この生理現象がどの程度傷口に影響するかは人によっても異なるので一概には言えませんが、痛みを感じることは間違いないでしょう。包茎手術を体験した方は、引っ張られるという感覚を味わうようです。陰茎の固さが変わる際は血流も大きく変わります。このことにより、傷口が引っ張られるという感覚が生まれるものと考えても良いででしょう。

 

閉じていた傷口が勃起により開きかける感覚があると思って問題はありません。包茎手術後に感じる痛みのうち、少なからずこの引っ張られるという感覚があるようです。前述の通り生理現象は防ぐ方法はありません。逆に眠っている時といった、意識がない場合でも起こってしまうので、眠っていたのに痛みを感じて起きるということもあるのです。

 

包茎手術後の勃起は基本的にメリットはないと考えてもらって良いでしょう。痛みを感じてしまう可能性が極めて高く、なるべくならば避けた方が無難です。そのためか、手術を行う病院側でも意図的に陰茎を固くさせることは避けるように、といった感じで指示されていることが多くあります。


このページの先頭へ戻る